PAYATASのダンプサイトの入り口

2014-01-27

パヤタス23 web用

2008年4月撮影
トンド地区のスモーキーマウンテンは1954年からゴミの運搬が始まったと言われているが、ケゾン市のパヤタスという地区にもゴミの集積場所があり、1960年代から既にゴミの集積が始まっていたという。

パヤタスダンプサイトは巨大なゴミの処分場ではあるが、トンド地区のスモーキーマウンテンとの大きな違いはパヤタスダンプサイトはほとんど完全にゴミ捨て場が金網で包囲されており、ケゾン市の職員によって管理されている点にある。
それからゴミ山から発生するメタンガスを利用して発電する設備も建設中であった。

私が2008年にここに訪れた時もダンプサイト入り口にある市の職員に許可証の提示を求められたが、ケゾン市で発行する許可証無しには撮影する事はできない。

パヤタス24 web用
2008年4月撮影
ダンプサイトの入り口にあるケゾン市の管理事務所。

wp用 パヤタス25 web用
2008年4月撮影
ダンプサイトに向かう道にケゾン市の職員が立っていて、ゴミの集積場所には行けないようになっている。

payatasのトラック27
2008年4月撮影
パヤタスダンプサイト近くに停まっていたトラック。

トラックの車体には「環境警察」と書かれている。

CRALO.M.RECTO通りの朝 

 PAROLA

トンド 素材を取引する人達

トンドのダンプサイト隣の住宅

トンドのヴィタスの団地

トンドの新しいゴミ捨て場で

パヤタスのダンプサイト

ビニール類を集める人達

ファーストフード店の店内

変化するトンド

旧スモーキーマウンテンの上

旧スモーキーマウンテン横の団地

カテゴリ

このサイトを検索

Copyright(c) 2014 フィリピン スモーキーマウンテン    変わりゆくスラム All Rights Reserved.